緑茶をおいしく飲むには

上質のお茶は甘みがあります。ちょっとした入れ方の違いで、おいしさが変わります。その入れ方をご紹介します。
茶器
急須   手鞠 常滑焼
茶碗   でゅえっと
湯冷まし 常滑焼
茶托   木の葉

 

nomikata.jpg

茶葉は気持ち多めに入れます。
 

nomikata_1.jpg水を茶葉ひたひたくらいに注ぎます。 

2~3分置いてから茶碗に入れます。


 

nomikata_4.jpg

一滴に凝縮された水出しのおいしさを、まずお味わい下さい。

 

nomikata_5.jpg

二度目は少し熱いお湯(茶碗に一度入れてから急須に入れる位の温度で)で入れ、
最後はポットからそのままのお湯を注いで入れます。
入れる温度で味が変ります。
低い温度のお湯で甘みを、高い温度で渋みを楽しみます。
上質のお茶程、味の変化を楽しめます。

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。