牧の原の風景の最近のブログ記事

2011哲匠茶畑

今年の哲匠はこの茶畑から採りました。
傾斜地で茶の芽の数を減らして、一つ一つの芽を充実させる芽重型というお茶の作り方をしています。

「薫風」が出来ました

薫風茶畑

「薫風」が出来ました。 
今年は茶の芽の成長にバラつきがあって、採るのが本当に難しい年です。
芽伸びがあって、しかも瑞々しい内に刈り取らないとおいしいお茶になりません。
この畑は、それでも芽が揃って、採り頃でした。

山路のお茶畑

0408茶の芽4月8日の斜面の畑です。                               大きなところは芽が伸びてきました。
3月30日の冷え込みでお茶の芽が凍ってしまいました。
この緑の芽に茶の木の生命力を感じます。





 

 茶畑開墾


ここからは新芽の緑がきれいです。
春らしい景色になってきました。 

山路の畑

山路畑

斜面の畑です。
少し緑が明るくなって来ました。
昨日、今日の寒さで、芽が心配ですが、一番早く新茶の芽伸びがわかるのは、こういった畑です。





この日記は、茶園アウラのまんまるおばさん、杉本朋子が書いています。

牧の原茶園につららが出現

茶畑の氷

茶畑につららが出来ました。
今朝の冷え込みはすごかったです。
この茶畑はスプリンクラーで水をまいて霜の予防をしています。
凍った表面は徐々に溶けて、霜の被害を防ぎます。
これは牧の原大茶園の一角です。
ほとんどの畑にはスプリンクラーはついていません。


茶畑のこおり2

 

畑の全体です。
凍った茶畑が広がります。




この日記は茶園アウラのまんまるおばさん杉本朋子が書いています。

牧の原 新茶の芽が伸びだしました

牧の原お茶の芽

茶の芽が少し伸びました。
今日の牧の原の茶畑です。
これから霜が心配です。
順調に伸びてくれるよう、祈る思いです。




この日記は、茶園アウラのまんまるおばさん杉本朋子が書いています。

富士山見えました

huzisann0912-hunaki.jpg























今日はレタス農家の友人へ応援です。 
途中の茶畑から富士山がよく見えます。
今の茶畑は色が冴えませんが、来春まで冬眠といったところです。




この日記は茶園アウラの茶畑おばさん、杉本朋子が書いています。

茶農協前のコスモス

kosumosu.jpg

これは菊翠茶農協に咲いていたコスモスです。
花びらにグラデーションがついています。
コスモスも新しい品種がどんどんでているようです。


この日記は、茶園アウラのちゃっきりおばさん、杉本朋子が書いています。

お茶畑のカマキリの卵

kamakiri.jpg

今日、終盤のお茶刈していたら、カマキリの卵を見つけました。
カマキリはお茶の害虫を食べてくれるので、大事にしています。
そのままそっとしておきました。

 

 

この日記は、茶園アウラのちゃっきりおばさん杉本朋子が書いています。

秋の茶畑

sawai090910.jpg
 

日中は暑いですが、だいぶ秋の陽気になって来ました。
今日の牧の原の茶畑風景です。
夏の芽が伸びてきました。
9月の末に刈り取ります。
これは番茶の材料になります。





この日記は、茶園アウラのちゃっきりおばさん杉本朋子が書いています。

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち牧の原の風景カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお茶作りの仕事です。

次のカテゴリは深蒸し茶です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。