小さなビオトープ

2010-0817-medaka-2.jpg

緋めだかです。
日のあたる時は、水草にかくれています。
これは石の臼なのですが、めだかには丁度良い大きさのようです。
底の方にヤゴがいます。
こんな小さな水辺にも生き物の生業があるのが、不思議に思います。



この日記は、茶園アウラのまんまるおばさん杉本朋子が書いています。

このブログ記事について

このページは、茶園 アウラが2010年8月18日 21:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「我が家のビオトープです」です。

次のブログ記事は「」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。