新茶のティ-バッグ

今日は新茶のティーバッグを袋詰めしました。
生の葉を荒茶にする時に出る粉を出物と言いますが、ティーバッグは出物を材料にしたものが多いです。
私は新茶を材料にしたいと思いました。
一年間試行錯誤しましたが、新茶の深蒸し茶をティーバッグにしました。
中の茶葉を細かく砕き、袋に紐を付けました。
砕くのと、紐で袋を揺らすことで、お茶の抽出が良くなります。
新茶の香りを手軽に味わっていただけます。
試作品を差し上げたお客様が、「会社で飲みたい時便利」とおっしゃって、買いに来て下さったのが、うれしかったです。

このブログ記事について

このページは、茶園 アウラが2010年3月 9日 23:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お茶の芽とwii」です。

次のブログ記事は「木蓮の花盛り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。