新茶のティーバッグ

teabag001.jpg
 

ティーバッグの試作品を作りました。
品質の良い新茶でティーバッグを作って欲しい、との声があり、新茶の荒茶を作る段階から試作品を作りました。
急須で入れるのと比べると、茶葉の広がりがどうしても制限されるので、小さな袋状の中で、いかにお茶の旨みを引き出すかが、大きな問題点でした。

荒茶の工程で少し工夫をし、ティーパックにする段階でもう一手間かけました。
これは企業秘密です。

出来上がったティーバッグが写真です。
新茶の香りもあり、カップで簡単に美味しいお茶が出せます。

今回はかなやみどりで作りました。
みどりの色が鮮やかなお茶です。

あすは「やぶ北」で作ってみようと思います。

急須が無くても、手軽においしい新茶が味わえる、そんなティーバッグが目標です。
ティーバッグのお茶というと、下級茶で作ったものも多いのですが、そんなお茶と一線を隔したクオリティの高さを目指しています。

 

このブログ記事について

このページは、茶園 アウラが2009年8月 5日 22:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「紫蘇の醤油漬け」です。

次のブログ記事は「「やぶ北」のティーバッグ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。