秋新茶はおいしいか

お客様に「秋新茶」のことを聞かれました。
「秋新茶」は近年言われるようになったのですが、夏お茶の芽の先の部分だけ摘み取って作ります。
手数がかかり、量も多くは出来ません。
いくら先の部分だけとると言っても、夏の芽の風味は、4月の新茶にはかないません。
冬の養分を蓄えて出てきた芽は、柔らかさも、滋味も比べ物にならないと思います。
秋の新茶というと珍しいもののように思われますが、中身は普通の新茶がブレンドされたものと思います。
そんなお話をして、お客様は今年の新茶を買って行かれました。
選んでいただくのに、なるべく正しい情報をお伝えしたいと思っています。
 

このブログ記事について

このページは、茶園 アウラが2009年8月 2日 23:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雨のお茶畑作業」です。

次のブログ記事は「茶畑のおすそ分け」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。